フォルクスワーゲン、ガソリン車でも新たに不正

chiavetta-190472_640
ディーゼル車の排ガス不正操作で話題になったドイツ自動車大手フォルクスワーゲン(VW)が3日、最大約80万台の車両について、実際よりも低い二酸化炭素排出量を当局や消費者に示す新たな不正があったと発表されました。

排ガス規制逃れ問題について絡み進めている社内調査で判明したとのことです。

今回の不正は”大部分”がディーゼル車と発表されているため、ガソリン車でも不正があると見られています。

フォルクスワーゲンは排ガス逃れで、対象者約1100万台の巨額のリコール(無料の回収・修理)費用などによって経営悪化が懸念されています。

倒産もありえる?

今回の不正発覚で発生する費用は20億ユーロ(約2650億円)と見込まれており「これらの不正の規模を正確に見極めるのはまだ不可能」と言われるぐらい、大きな費用がかかります。

今回はガソリン車からも不正が出ましたが、「ガソリン車は別チームでの開発のはずだから、会社ぐるみの不正なのでは?」という意見も出ており、本当に倒産が現実味を帯びてきたと言えます。