イトーヨカードー40店舗閉鎖。大型スーパー閉店ラッシュとネットスーパー

スーパーマーケット

18日セブン&アイ・ホールディングス傘下のイトーヨーカドーが、2020年2月期までに全体の2割に当たる40店舗を閉鎖する方針を固めました。
閉店される店舗は、地域関係なく不採算店や老朽店を中心に、売却や統廃合を進め、収益改善を図るとのことです。

実は大型スーパーの閉店はイトーヨーカドーだけではなく、アピタ・ピアゴのユニーグループ・ホールディングスも最大約50店舗閉鎖する方針だそうです。

専門店に負ける

大型スーパーが閉鎖していく背景にはユニクロなどの専門店が関係しているそうです。
専門店の台頭によって、食品から衣服品まで幅広く取り揃える売り場では客を呼ぶのが難しくなっているそうです。

以前は幅広く取り揃えていた方が客を呼べたそうですが、家電は家電量販店、衣料品はユニクロなど、それぞれの専門店が幅広い商品を用意するようになり、客もそちら側に流れているようです。
たしかに最近ではスーパーと言えば食品を買うぐらいで、昔のように食品以外のもを買うことが少なくなった気がしますもんね。

ネットスーパーも便利

とはいえ、お店があまりないような田舎の方に住んでいる人にとっては、大型スーパーは便利ですよね。
しかし、インターネットが発達したことによって、最近ではインターネットのスーパー「ネットスーパー」が人気になっています。

ネットスーパーは公式サイトから商品を購入して、購入した商品を直接自宅に届けてもらうもの。

お買い物に行く時間が取れない人や、地方に住んでいるけど車を持っておらず、なかなかスーパーまで行くことができないという人に人気です。

最近ではイオンなどの大手スーパーもネットスーパーに力を入れていることもあり、人気になっているようです。食品の鮮度などもしっかりとチェックされており、価格も実店舗のスーパーとほとんど変わらないので、実際に買いに行く人にとってはメリットが大きいそうです。