ドローンの選び方

ドローンも種類によって大きさや飛行の安定性などが様々なので、単純に値段だけで選んでしまうのは間違い。
以下では、ドローンの選び方をご紹介していますので、ぜひドローン購入の際のヒントにしてください。

大きいドローンの方が機能が優れている

ドローンの大きさには、手のひらサイズのわずか42mmほどしかないものから、全長350mmの大型のドローンまであります。
そして、基本的にはサイズが大きいドローンの方が機能面に優れています

ドローンを飛ばしたときの安定性は、大きい機体のほうが強風によって操作性が失われることも少ないですし、長時間の飛行も容量の多いバッテリーを乗せられる大きなドローンの方が性能は上です。
小型のドローンは手を出しやすいリーズナブルな値段ではありますが、やはり機能面では大型のドローンには劣ってしまいますね。(決して小型のドローンがダメだというわけではありませんが)

≫小型ドローンのメリット・デメリットは?

また、大型のドローンはGPS機能を搭載しているものも多く、ルートを設定して自動飛行させたり、制御不能になると自動で元の位置に帰還したりするので便利です。

空撮を楽しむか考える

ドローンには飛ばして遊ぶ以外にも、空撮を楽しむことができます。
1万円以下でも買えるドローンにも内臓型のカメラが付いているので、普段撮ることができない景色などを気軽に撮影することができます。

しかし、画質は少し粗めなので「もっと高画質な撮影がしたい」となった場合、ドローンごと買い替えないといけないので注意が必要です。

もし最初から高画質な写真や動画を撮りたいのなら、GoProのような高画質な小型カメラを取り付けられる大き目のドローンがおすすめです。
ドローンによっては一眼レフを搭載することも可能なので、写真の趣味としても楽しめますね。

≫4K画質でも撮影できる!空撮におすすめのドローン