ドローンの飛行ルール

2015年12月10日に改正航空法が施行されました。
ドローンやラジコンなどの無人航空機を飛ばすときは、このルールを守らないと罰金・懲役になってしまうので注意してください。

無人航空機(ドローン・ラジコン機等)の飛行ルール内容

対象無人航空機:飛行機、回転翼航空機、滑空機、飛行船であって構造上人が乗ることができないもののうち、遠隔操作又は自動操縦により飛行させることができるもの(200g未満の重量(機体本体の重量とバッテリーの重量の合計)のものを除く)

簡単に言えば、ドローン・ラジコン機・農薬散布用ヘリコプター等全般ですね。

今回の改正航空法において導入される無人航空機の飛行ルールは、以下の

・無人航空機の飛行の許可が必要となる空域
・無人航空機の飛行の方法
 
の二つに大別されます。

空域は以下の画像のようにしっかりと決められています。
ドローンの飛行可能空域
引用元:国土交通省

さらに飛行の際には以下の条件を守る必要があります。
[1] 日中(日出から日没まで)に飛行させること
[2] 目視(直接肉眼による)範囲内で無人航空機とその周囲を常時監視して飛行させること
[3] 人(第三者)又は物件(第三者の建物、自動車など)との間に30m以上の距離を保って飛行させること
[4] 祭礼、縁日など多数の人が集まる催しの上空で飛行させないこと
[5] 爆発物など危険物を輸送しないこと
[6] 無人航空機から物を投下しないこと

上記のルールを守らずに飛ばす場合は、あらかじめ国土交通大臣の承認を受ける必要があります。

このような条件があって「ドローンを飛ばすのに制限があって大変そう」「飛ばすのが怖くなってきた」という方は、自宅近くのラジコン専用飛行場へ行くと、確実に安全に飛ばすことができるのでおすすめです。

もし破ったら?

50万円以下の罰金または1年以下の懲役となります。

【参考文献】
国土交通省:無人航空機(ドローン・ラジコン機等)の飛行ルール