プロポーズ後の段どり【定番の流れはコレ!】

プロポーズ後の段どり【定番の流れはコレ!】

プロポーズ後の段どり【定番の流れはコレ!】
無事にプロポーズが終わったら、いよいよ結婚の準備です。
しかし、いざ結婚式を開こうと考えると「まずは相手方の親への挨拶が先か?」「結婚式場はいつ決めればいいんだろう?」など具体的な流れが分からないという方も多いかと思います。

最初にお伝えしておきますが、結婚式までにやるべきことは本当にたくさんありますので、なるべく早めに行動しておくことおすすめします。
また、「お相手や結婚式場の打ち合わせでとトラブルが起こる」なんてことも、結婚した多くの方々が経験していることですので、気を引き締めてとりかかりましょう。

プロポーズ後の段どり – 1年間のスケジュール

e0d1f76f1ba9bf4bf67c9b3c14df6c41_s
今回は1月にプロポーズを受けたと仮定して、式を挙げるまでのスケジュールをご紹介したいと思います。

  • 1月前半…彼からプロポーズ&お返事
    ※結婚式をどうするか、新居をどうするか、をザックリ相談
  • 2月半ば…お互いの両親への挨拶
    ※予定の合う日に実家へ行き、挨拶を行います
  • 3月半ば…両家親同士の顔合せ
    ※どちらの家が挨拶に伺うといった決まりはありません
  • 4月前半…納と結婚式の日取りと会場の確定&予約
    ※ここまでに一通りの会場見学を終わらせ、両家の両親、兄弟のスケジュールを確認しつつ、候補の中から会場を絞って申込みを行う
  • 6月半ば…結納
    ※結納はやったりやらなかったり、お食事会のみにしたり、人それぞれなので、相談して決めましょう
  • 6月後半~7月…引越し
    ※結婚式の準備は大変なことが多く相談しやすいようにと、結婚式前に同居を始めるのがおすすめとされています
  • 8月前半…入籍
    ※入籍日は結婚式と同じ日にしたり、同居する前に済ませたり、どちらかの誕生日や交際記念日を選ぶなど人それぞれなので、相談して決めましょう
  • 11月半ば…結婚式

所々は人によって違いますが、基本的な流れは以上の通りです。
上記で記載していませんが、友人や上司など繋がりの深い人は家族の次に結婚の報告をし、職場全体などには入籍するタイミングに伝えるのがいいでしょう。

また、1年間のスケジュールでとにかく手間がかかるのが「結婚式の準備」です。
上記の段取りでもプロポーズ後すぐに話し合いをはじめ、1年かけて結婚式の準備を行います。

結婚式の準備期間の平均は11か月(「ゼクシィ結婚トレンド調査」より)と言われており、準備が上手く進まないことからケンカになってしまう・・・なんてこともありますから、お互い余裕を持って早いうちから行動してくのが、穏やかに結婚するためのポイントですよ。

両親への挨拶は誰が日程を決める?

特に決まりはありませんが、基本的にはお互いが自分の両親へ結婚を報告し、挨拶の日程の調整を行います

結婚式場

結婚式場を決めるタイミングは?

結婚式場のを決めるタイミングは「結婚式の7か月前」が多いです。
「お腹が大きくなる前に急いで結婚したい」というような例外を除けば、これぐらいが平均です。

プロポーズ後に、二人でゼクシィを見てみたり、最近ではネット上で写真やプランを見ながら選ぶこともできます。
また、休日にはブライダルフェアに参加してみて、実際に式場見学に行ってみるのもいいですね。

こちらもだいたい「3つ」見学に行かれるのが平均ですので、気になるところをピックアップして参加してみましょう。

ネットから結婚式場予約ができるWebサイト

ゼクシィ・・・日本最大級の結婚サイト 式場データ、フェア情報が満載

小さな結婚式・・・少人数専門&格安ウェディング式場専門

すぐ婚navi・・・半年以内の挙式なら格安になるお得な割引がある