槙野智章の髪型の名前は?スパイクにこだわるファッションセンス。血液型は?

makinotomoaki2
槙野智章さんと言えばJリーグ・浦和レッドダイヤモンズのディフェンダーで、今日、8日のシリア戦と13日のイラン戦の代表メンバーに選ばれましたね。

特徴的な髪型や左右の色違いのスパイクなどでファッションにこだわりを持っていそうな人ですが、今回はそんな槙野智章のことについていろいろと調べてみました。

髪型の名前は『ネオ七三』

槙野智章さんは髪型が特徴的ですよね。正式な名前はないですが、『ネオ七三』というのが一番呼ばれる名前です。

槙野智章のプロフィール

makinotomoaki3
槙野智章(まきの ともあき)さんは1987年5月11日生まれのプロサッカー選手、出身は広島県、血液型はO型です。現在はJリーグの浦和レッドダイヤモンズに所属しており、ポジションハディフェンダーです。

サッカーファンであった父と、すでにサッカーをはじめていた兄の影響により、小学校1年生のときにサッカーをはじめ、小学6年生のときには広島のフジパンカップ広島大会で3位に入賞しました。ちなみにこのときのポジションはフォワードです。

2000年にはサンフレッチェ広島のジュニアユースに入団し、森重や平繁龍一と2トップを組んでFWとして活躍していましたが、トップ下→サイド→ボランチ→センターバックにポジションが下がっていきました。

2006年には柏木、橋内優也、趙佑鎮と共にサンフレッチェ広島のトップチームに昇格。カナダで開催されたU-20ワールドカップ本大会では髪を赤に染めて出場したときには「ジャパニーズ・ベッカム」と呼ばれ、注目を集めました。

その後、AFCアジアカップ2011に臨む日本代表に選出されたものの、怪我により大会直前に途中離脱。今回は選抜では復帰という形になりました。

スパイクは左右2色!ファッションはおしゃれ?

槙野智章さんと言えば左右色違いのスパイクで有名ですね。
makinotomoaki

サッカー選手をあこがれる少年たちにも注目されていますね。特注デザインスパイクのアディダスの『アディゼロ f50』を使用していましたが、現在はアディダスの『X』を使用しているとか。

色違いのスパイク以外にも、ホームゲームでの勝利後、マスクやコスプレ衣装などのパーティーグッズを着用してサポーターの前でスピーチや歌を披露したり、「弓矢を射るポーズ」「ビリーズブートキャンプのエクササイズ」「漫画『ドラゴンボール』の元気玉」などのゴールパフォーマンスなど、他の選手とは少し違うパフォーマンスが特徴です。

その理由は「プレー以外の面でも観客にサッカーを楽しんで欲しい」という考えからきているようです。

はじめてサッカーを見た人からも「あの人面白いね」と思ってもらい、サッカーに興味を持ってもらいたいとのことです。

また、公式ツイッターアカウントも持っており「サッカー選手のやることではない」という批判を受けながらも「それをエネルギーに変えてピッチで発揮したい」というコメントを残しています。

選手としても人としてもしっかりと自分の芯を持っているのは尊敬できますね。これからの試合での活躍も期待したいですね。

【インタビュー】槙野智章「ただのサッカー選手で終わりたくない」

公式ツイッター