ニュース・芸能

茨城県の鬼怒川で堤防が決壊して、家が浸水したり流されたりして、大きな災害になっていますよね。
自衛隊による救助の映像もテレビ番組で放送されたりしていました。

そんな激流に飲まれた住宅街でしたが、その中で唯一流された家が話題になっています。

ヘーベルハウス

キレイにたたずむヘーベルハウス。

heberu2

ヘーベルハウスが家に2棟をせき止める形で、ここにいた方は全員無事に救助されていたようです。
特に電柱にいたおじさんは、ヘーベルハウスがあったおかげで助かったのではないかと言われています。

ヘーベルハウスを作る旭化成の株価も上昇

実はヘーベルハウスは阪神淡路大震災などの災害のときも強かったそうです。

heberu3

翌日もしっかりと残っていますね。
しかし、これだけしっかりと残っている分、建てるのにも結構なお金がかかります。
ヘーベルハウス1軒の値段で木造の同じサイズ・グレードの家が2軒建てられますからね。
ですが、それでも万が一の災害で命が助かるのなら、ある意味ではお得とも考えられますね。
営業マンもこういった災害時の写真を見せて「うちはしっかりとした家を作りますよ」と宣伝するそうですから、これからヘーベルハウスで家を建てる人が増えるかもしれませんね。

ニュース・芸能

アイドルなのにアイドルらしい活動が一切目立たないことで有名なTOKIO国分太一(41)が9月11日に結婚されたようです。
お相手は交際中だった3歳下の元TBS社員とのこと。08年5月から交際を開始し、約7年間の交際を経てゴールイン。
TOKIOでは山口達也(43)に続く2人目の既婚者となります。

ツイッターでもお祝いのツイートが

「式場から作るのかな?」などのネタツイートも

国分太一って誰?

知らない人はいないと思いますが一応ご紹介しておきます。(笑)
ジャニーズグループのTOKIOのメンバーで、パートはキーボード担当。実は演奏だけではなく、作詞・作曲で楽曲提供なんかもしているんですよ!
ドラマやバラエティなどのテレビ番組に出演したり、司会をされていることも多いですね。

結婚相手は腰原藍さんという噂も・・・

今回の結婚では詳しい結婚相手の女性は公表されていませんが、一部では腰原藍さんではないのかという噂も。
09年に女性週刊誌で、06年から交際していた歌手のaikoと破局した後、以前から友人関係にあった腰原さんと2008年に交際に発展し、当時ジャニーズ事務所もそれを認めていたようです。

今回の報道でも「08年5月から交際を開始し、約7年間の交際を経てゴールイン」とあるので、おそらく間違いないのではないでしょうか。

ニュース・芸能

ファンマナー
9月10日にジャニーズのファンクラブ事務局が初めて、ファンに対して「舞台鑑賞マナー注意」のメールを送っていたそうです。
長年のジャニーズファンは以下のように答えているそうです。

「ファンにこのような注意が送信されたのは初めてとのことです。そもそもジャニーズファンは、ファンの中から自然とリーダーが生まれ、そのリーダーが仕切って、おっかけや掛け声のルールが決まります。だから事務所はわざわざファンに注意なんてしないんです。それなのに7日の亀梨くんの舞台で禁断のマナー破りが行われてしまったようなんです」
[Yahoo!ニュース]

現在、大阪で9月13日まで行われている、亀梨和也主演の舞台「青い種子は太陽の中」のための注意喚起メールだったようです。

悪かったマナーの内容は?

ジャニーズ関係者によると

「7日の舞台でマナーの悪い客がいたのです。座席は最前列ど真ん中。大きな帽子を被りっぱなしで、係員から注意されて、ようやく脱ぎました。その後、開演されてもおしゃべりを止めない。熱演する演者の唾が飛び掛かってしまった後には、前かがみになって大爆笑で、シーンを台無しにしてしまったんです」

とのこと。

大きな帽子というのがどれだけ大きいのかが少し気になりますが(笑)、注意されて脱がない、そして前かがみで大爆笑というのは見逃せませんね。コンテンツの一部を良くするのはファンですが、悪くしてしまうのもファンですからね。
特に悪い方に目立ってしまうと、ファンでない方からも非難が集中してしまいます。

今回もキャーキャー騒ぎ続けるファンに対して、亀梨くんは「静かにしてくだい」と異例の土下座をしてまでお願いしたそうです。

ジャニーズだけではない。他の悪いファンマナー

これだけ見ると「ジャニーズのファンなんてロクでもないな!」と思いがちですが、実際に人気な物ほどファンマナーが悪いということは多いですよね。

例えば、AKB関係で言えば「ファンが握手会の時に刃物で襲った」という事件もあります。
最近で言えば人気アニメのラブライブの映画で、映画の映像をツイッターにアップロードしたり、劇場で騒いだりなどもありました。

また普通のライブ会場でも「ヒールを履いてきて踏まれてケガをした」「女性の髪の毛が当たってすごく痛かった」などの悪いファンマナーはよく聞きますよね。

さらに、こういった音楽・芸能関係以外でも、野球の阪神ファンが応援が熱狂的であるあまり対戦相手のファンや選手に対して威嚇行為を行うというのなこともあるようです。

別に問題行動を擁護するわけではありませんが、ジャニーズに限らず、こういった人気コンテンツでは問題行動が起きるのは仕方がないことなのかなぁと思います。

冷静になる

で、結局のところはこういったファンマナーの問題は、ファン一人一人が意識しておくしか対策がありませんよね。
問題を起こす人が普段から問題を起こしてしまう性格なのか、またはテンションが上がりすぎて自分を見失ってしまっているのかは分かりませんが、一旦冷静になることが大切です。

楽しみにしていることほど冷静に。

ドローンの基礎知識

ドローンの醍醐味の一つの空撮
基本的に全てのドローンで空撮を行うことができ、ドローン自体にカメラが搭載されているものや、GoProや一眼レフを取り付けて撮影するドローンがあります。
1万円以下のドローンでも空撮を行うことはできますが、画質が少々粗めなので、空撮を本格的に楽しみたい場合はHD撮影が可能なドローンや高画質な撮影を行えるカメラを取り付け可能なドローンを選ぶのがベストです。
ドローンによってはスマホやタブレットでモニターしながらドローンを飛ばすことも可能です。

1位

DJI ファントム2 – PHANTOM 2

★★★★★

空撮に最適なドローン「ファントム2」
ファントム2はドローン世界最大手のDZIが販売するドローン。
今日のドローンブームを牽引した立役者で、操作や空撮のしやすさ、安定感、GPSによる自動飛行機能など、空撮対応機能としての完成度は高い。
空撮用のカメラは進行方向の正面から真下まで遠隔操作できます。
フライト禁止エリア内では離陸停止機能・自動帰還機能が作動するので、誤ってドローンで法律に触れてしまうことがないので安心して使えるのも魅力。

サイズ 重さ 飛行時間 カメラの画素数 付属充電池
全長350×全高190mm 1242g 約25分 1400万(1920×1080p) 1
2位

Parrot Bebop Drone

★★★★★

魚眼レンズで広範囲を撮影可能!
本体に軟らかく軽い素材を使用しており、墜落しても壊れにくい作りになっています。
スマホやタブレットで操縦でき、宙返りなどのアクロバット飛行も行えて空撮以外も楽しめるのが魅力
カメラは魚眼レンズを搭載しているので、広範囲の撮影を楽しむことができます。
また、GPS機能も搭載しているので、自動飛行させて楽しむこともできます。

サイズ 重さ 飛行時間 カメラの画素数 付属充電池
全長350×全幅280×全高190mm 400g 約11分 1400万(1920×1080p) 2
3位

DJI INSPIRE 1

★★★★★

4K画質で撮影可能!ラジコン好きにおすすめドローン
4Kカメラを搭載した新製品。着脱式のカメラやHD画質でのモニタリングができるので、空撮に最適。技術サポート・修理サポートもあるので万が一の時も安心。値段が高いがその分性能も抜群なので、ラジコン好きな上級者の方におすすめです。

ドローンの基礎知識

ドローンは誰でも自由にとばして遊ぶことができますが、ドローンを飛ばしてはいけない場所というのも決まっています。
最近では、首相官邸の屋上でドローンが見つかり、ドローンの規制が検討されていますが、遊び方次第ではドローンが禁止になってしまう可能性も十分ありますので、ルールを守って楽しむように心がけましょう。

公道

公道上空では「警察署長の許可が必要」です。
道路交通法では、架線工事など道路上空での作業も一時占用とみなします。
なので、道路上空では飛ばさないようにしましょう。

空港付近や高度150m以上は飛ばせない

航空法では航空機の定義を「人が乗っていること」としており、ドローンを含む無人機に関する規制はありません。
しかし、「(航空機の)飛行に影響を及ぼす恐れのある行為」が禁じられ、空港付近や航空路内の高度150m以上では飛ばすことができません。

私有地の上空

法律では土地の所有権は「その土地の上下に及ぶ」と決められているため、見通しがいい場所を見つけたからといって自由に飛ばしていいわけではありません。
私有地で飛ばす場合には、土地の所有者に許可をもらうか、自分の私有地内で飛ばすようにしましょう。

船の航行を妨げる河川や海の上

河川や海の真上でも、船舶の航行を妨げる場合は、飛ばすことができません。

ドローンを飛ばせる場所

ドローンが飛ばせる場所は「自分の私有地か許可をもらった私有地」「ラジコンの飛行が禁止されていない公共の場所」「船舶の航行を妨げない河川や海の上」などです。
また、場所によっては「ラジコン専用飛行場」もありますから、事前に調べておくのもおすすめです。

2015年12月10日に改正航空法が施行されました。ドローンの飛行ルール【最新】

ドローンの基礎知識

大型ドローン(といっても350mm程ですが)は小型のドローンと比べて少し値段は高いですが、その分全ての機能において上なので、初心者からラジコン好きな上級者まで楽しむことができるドローンです。

大型ドローンのメリット

機能面に優れている

大型ドローンは飛行の安定性はもちろん、バッテリーも大容量のものが積めるので長時間・長距離の飛行も可能です。
多少の風でも問題なく飛ばすことができますから、急な強風で操作性が失われて事故などのトラブルが起きてしまう危険性も少なくなります。

また、機体によってはGPS機能を搭載しており、自動操縦で飛ばしたり、バッテリーがなくなりそうになると自動帰還する機能も付いています。

小型のドローンは値段が安く初心者でも気軽に買えますが、操作性がやや劣るので、機体を安定して操作しやすい大型ドローンの方が気軽が遊ぶことができるのでおすすめです。

高画質な撮影ができる

大型のドローンの場合は内臓カメラではなく、GoProなどの高画質なカメラを自分で取り付けることができます。
空撮を楽しむにはそれなりの画質があったほうがいいので、空撮を本格的に楽しみたい場合は大型ドローンがいいでしょう。

大型ドローンのデメリット

値段が高い

大型のドローンは小型のドローンと比べて機能面に優れていますが、やはりそれなりに値段は高くなります。
1万円以内で買える小型ドローンに対し、大型は3万円から10万円を超えるものまであります。

ドローンにかけられる費用は人によって違いますし、小型・大型関係なく楽しむことができるので、個人的にはどちらを購入されても十分楽しめると思います。

しかし、あえてどちらがおすすめかといえば、やはり大型のドローンですね。

機体の操作のしやすさや、空撮などを含む趣味の幅の広がり方、操作性が突然失われてしまう危険性の少なさを考えると、初心者の方にこそ大型のドローンを楽しんでいただきたいです。

ドローン最大手「DZI」のドローン「Phantom 2」は定価8万円ほどしますが、やはり機能面にも優れ、メンテナンスのしやすさ、操作のしやすさ、高画質な空撮を楽しめると総合的に見てかなりのハイスペックで、実際にドローンの中で一番有名で売れている機体です。
しっかりとした機体の方が長く幅広く楽しむことができますから、小型のドローンを何度も買い換えるよりはお得です。

ドローンの基礎知識

ドローンには手のひらに乗るような小型のものあります。
全長42mmですから、かなり小さく値段も安価なので、入門用としてもちょうどいいですね。

小型ドローンのメリット

値段が安価で購入しやすい

一番のメリットは値段が安く、購入しやすいということです。
最近では1万円以下で買えるドローンの種類も増え、いろいろなデザインのドローンを選ぶことができます。

ラジコンなど今まで使ったことがない人や「ドローンが話題になっていてちょっと欲しいなぁ」という方でも、気軽に購入できる値段になっているのは嬉しいですね。

また、お子さんへのプレゼントとしても人気ですから、子供へのプレゼント選びに悩まれているのなら、ドローンもいいかもしれませんね。

≫アマゾンのドローン商品一覧

屋内でも気軽に遊べる

機体が小さいので外だけではなく屋内でも気軽に遊べるのがメリットですね。
ドローンは自由に飛ばせるといっても、人の私有地や道路、空港付近などでは飛ばすことができませんから、住んでいる場所によってはなかなか自由に飛ばせる場所がない場合もあります。

≫ドローンの飛ばせない場所は?

飛ばせたとしても、周りに人や車があった場合、ドローンが急に操作不能になり、墜落してトラブルが起きてしまう危険性もあります。

しかし、自分の家などの屋内ならば、高く飛ばすことはできないとしても安全に楽しむことができます。
天候に左右されることもありませんから、気軽に楽しむことも可能です。

小型ドローンのデメリット

機能面に劣る

小型ドローンだと大型のドローンに対して機能面が劣ってしまいます。

例えば、飛行の安定性

ドローンは機体が大きいほど強風によって操作性が失われてしまう危険性も少ないですし、長時間・長距離の飛行を楽しむことができます。
小型の場合は軽量化でバッテリーの大きさも小さくなるので、長時間飛ばすことができません。

基本的には1回飛ばすごとに1回充電しないといけないと考えて良いでしょう。

大型のドローンだと、飛ばしている途中にバッテリーが切れそうになったら自動帰還する機能が付いていますが、小型のでは付いていないので、バッテリーの残量には注意しましょう。

空撮ができるが画質は粗い

小型のドローンでもカメラが内臓されているため、空撮で静止画・動画像を撮影することができますが、画質は粗めです。
大型のドローンだと、4K画質で撮影できるGoProや一眼レフを取り付けて飛ばせるドローンもあります。

なので、本格的に空撮を楽しみたいという場合は、大型ドローンの方がおすすめです。

≫大型ドローンのメリット・デメリット

ドローンの基礎知識

ドローンは簡単に飛ばすことができますが、使い方を間違えると事故や怪我の原因になるので注意しましょう。

専用のバッテリーと充電器を使う

ドローンにはリチウムポリマー電池が使われていますが、それ以外の電池を使うと発火する恐れがあるので注意が必要です。
また、軽量化のために充電池がケースに入っていないこともあるので、衝撃を与えないように取り扱いに注意しましょう。
特に小型のドローンは充電の回数が大型のドローンよりも多くなりますので、注意してください。

風が強い日は無理に飛ばさない

ドローンは強風によって影響を受けやすいので、風が強い日には無理に飛ばさないようにしましょう。
どっローンが墜落して壊れてしまうだけならまだしも、人や車にぶつかって事故や怪我の原因になってしまったら大変なことになります。

もちろん強風の日以外にでも、常にドローンが墜落・制御不能になってしまう危険性を意識しておくことは大切です。
電波の問題や急な上昇気流によって、いつ制御不能になるか分かりませんからね。

大型のドローンにはGPS機能を利用した自動操縦が付いていますが、いつ不具合になるか分からないので注意してください。

ラジコン保険に加入する

ラジコン保険に入っていれば、万が一の事故の時にも対応することができます。
2年で4,500円かかりますが、賠償限度額1億円(免責額5万円)ですので、必ず加入しておきましょう。

飛行時間を常にチェックしておく

ドローンはバッテリーで動いていますから、バッテリー切れになれば落下してしまいます。
特に小型のドローンは飛行時間が短いので注意してください。

大型のドローンには電池がなくなりそうになると自動帰還する機能がついていますが、安全のため常に自分でチェックしておきましょう。

平らな場所で電源を入れる

機種によっては電源を入れると機体が水平かを認識する仕組みなので、平坦な場所において電源を入れましょう。
機体が水平かを認識する仕組がなくても、機体が斜めの状態では上手く飛ばすことができませんからね。

適切な飛行場所を選ぶ

ドローンはどこでも飛ばせるかといえば、そうではありません。
屋外で飛ばせる場所は自分が所有する敷地内か、ラジコン飛行が禁止されていない公共の場となります。

また、周囲に人や車などがないことも確認しておきましょう。

≫どこでも飛ばせるわけじゃない!ドローンを飛ばせない場所

ドローンの基礎知識

ドローンも種類によって大きさや飛行の安定性などが様々なので、単純に値段だけで選んでしまうのは間違い。
以下では、ドローンの選び方をご紹介していますので、ぜひドローン購入の際のヒントにしてください。

大きいドローンの方が機能が優れている

ドローンの大きさには、手のひらサイズのわずか42mmほどしかないものから、全長350mmの大型のドローンまであります。
そして、基本的にはサイズが大きいドローンの方が機能面に優れています

ドローンを飛ばしたときの安定性は、大きい機体のほうが強風によって操作性が失われることも少ないですし、長時間の飛行も容量の多いバッテリーを乗せられる大きなドローンの方が性能は上です。
小型のドローンは手を出しやすいリーズナブルな値段ではありますが、やはり機能面では大型のドローンには劣ってしまいますね。(決して小型のドローンがダメだというわけではありませんが)

≫小型ドローンのメリット・デメリットは?

また、大型のドローンはGPS機能を搭載しているものも多く、ルートを設定して自動飛行させたり、制御不能になると自動で元の位置に帰還したりするので便利です。

空撮を楽しむか考える

ドローンには飛ばして遊ぶ以外にも、空撮を楽しむことができます。
1万円以下でも買えるドローンにも内臓型のカメラが付いているので、普段撮ることができない景色などを気軽に撮影することができます。

しかし、画質は少し粗めなので「もっと高画質な撮影がしたい」となった場合、ドローンごと買い替えないといけないので注意が必要です。

もし最初から高画質な写真や動画を撮りたいのなら、GoProのような高画質な小型カメラを取り付けられる大き目のドローンがおすすめです。
ドローンによっては一眼レフを搭載することも可能なので、写真の趣味としても楽しめますね。

≫4K画質でも撮影できる!空撮におすすめのドローン