全国初のドローン規制条例

来年の主要国首脳会議「伊勢志摩サミット」の安全対策として、12月21日に三重県議会で国内初となるドローン飛行を禁止する条例が可決されました。
ドローン飛行禁止に限定した条例の制定は全国で初めてです。

【飛行が禁止される区域】
首脳会議の会場に想定されている志摩市の賢島とその周囲1.5キロと、この会場以外で各国の首脳たちが訪問する場所の周囲300メートルとなります。

【飛行が禁止される期間】
2016年3月27日からサミットが終わる翌日の2016年5月28日までのおよそ2ヶ月

今月10日に施行された改正航空法では、人口密集地などで飛行する場合、国の許可や承認が必要となりましたが、三重県によりますと、条例で設定される区域は航空法の対象には含まれていないということです。