鬼怒川の堤防決壊、ヘーベルハウスが耐えたと評判

ヘーベルハウス

茨城県の鬼怒川で堤防が決壊して、家が浸水したり流されたりして、大きな災害になっていますよね。
自衛隊による救助の映像もテレビ番組で放送されたりしていました。

そんな激流に飲まれた住宅街でしたが、その中で唯一流された家が話題になっています。

ヘーベルハウス

キレイにたたずむヘーベルハウス。

heberu2

ヘーベルハウスが家に2棟をせき止める形で、ここにいた方は全員無事に救助されていたようです。
特に電柱にいたおじさんは、ヘーベルハウスがあったおかげで助かったのではないかと言われています。

ヘーベルハウスを作る旭化成の株価も上昇

実はヘーベルハウスは阪神淡路大震災などの災害のときも強かったそうです。

heberu3

翌日もしっかりと残っていますね。
しかし、これだけしっかりと残っている分、建てるのにも結構なお金がかかります。
ヘーベルハウス1軒の値段で木造の同じサイズ・グレードの家が2軒建てられますからね。
ですが、それでも万が一の災害で命が助かるのなら、ある意味ではお得とも考えられますね。
営業マンもこういった災害時の写真を見せて「うちはしっかりとした家を作りますよ」と宣伝するそうですから、これからヘーベルハウスで家を建てる人が増えるかもしれませんね。