ジャニーズが初めてファンに「注意喚起メール」を送信!見直したいファンマナー

ファンマナー

ファンマナー
9月10日にジャニーズのファンクラブ事務局が初めて、ファンに対して「舞台鑑賞マナー注意」のメールを送っていたそうです。
長年のジャニーズファンは以下のように答えているそうです。

「ファンにこのような注意が送信されたのは初めてとのことです。そもそもジャニーズファンは、ファンの中から自然とリーダーが生まれ、そのリーダーが仕切って、おっかけや掛け声のルールが決まります。だから事務所はわざわざファンに注意なんてしないんです。それなのに7日の亀梨くんの舞台で禁断のマナー破りが行われてしまったようなんです」
[Yahoo!ニュース]

現在、大阪で9月13日まで行われている、亀梨和也主演の舞台「青い種子は太陽の中」のための注意喚起メールだったようです。

悪かったマナーの内容は?

ジャニーズ関係者によると

「7日の舞台でマナーの悪い客がいたのです。座席は最前列ど真ん中。大きな帽子を被りっぱなしで、係員から注意されて、ようやく脱ぎました。その後、開演されてもおしゃべりを止めない。熱演する演者の唾が飛び掛かってしまった後には、前かがみになって大爆笑で、シーンを台無しにしてしまったんです」

とのこと。

大きな帽子というのがどれだけ大きいのかが少し気になりますが(笑)、注意されて脱がない、そして前かがみで大爆笑というのは見逃せませんね。コンテンツの一部を良くするのはファンですが、悪くしてしまうのもファンですからね。
特に悪い方に目立ってしまうと、ファンでない方からも非難が集中してしまいます。

今回もキャーキャー騒ぎ続けるファンに対して、亀梨くんは「静かにしてくだい」と異例の土下座をしてまでお願いしたそうです。

ジャニーズだけではない。他の悪いファンマナー

これだけ見ると「ジャニーズのファンなんてロクでもないな!」と思いがちですが、実際に人気な物ほどファンマナーが悪いということは多いですよね。

例えば、AKB関係で言えば「ファンが握手会の時に刃物で襲った」という事件もあります。
最近で言えば人気アニメのラブライブの映画で、映画の映像をツイッターにアップロードしたり、劇場で騒いだりなどもありました。

また普通のライブ会場でも「ヒールを履いてきて踏まれてケガをした」「女性の髪の毛が当たってすごく痛かった」などの悪いファンマナーはよく聞きますよね。

さらに、こういった音楽・芸能関係以外でも、野球の阪神ファンが応援が熱狂的であるあまり対戦相手のファンや選手に対して威嚇行為を行うというのなこともあるようです。

別に問題行動を擁護するわけではありませんが、ジャニーズに限らず、こういった人気コンテンツでは問題行動が起きるのは仕方がないことなのかなぁと思います。

冷静になる

で、結局のところはこういったファンマナーの問題は、ファン一人一人が意識しておくしか対策がありませんよね。
問題を起こす人が普段から問題を起こしてしまう性格なのか、またはテンションが上がりすぎて自分を見失ってしまっているのかは分かりませんが、一旦冷静になることが大切です。

楽しみにしていることほど冷静に。