BMWにも不正疑惑。広がる自動車業界への影響 | 新製品オンライン-食べる・遊ぶ・暮らす通販 | Trendy News

口コミや新聞、雑誌、テレビなどメディアで話題の食べる、遊ぶ、暮らしの新製品をピックアップ

BMWにも不正疑惑。広がる自動車業界への影響

2015.09.25

BMWにも不正疑惑。広がる自動車業界への影響 はコメントを受け付けていません。

BMW
先日、フォルクスワーゲンによる排ガス不正があり、アメリカだけではなく欧州でも同様の不正をしていたことが24日に発覚しました。欧州ではディーゼル車の数が多く、経営に大きな影響が出る可能性があると言われています。

そして同日、ドイツのBMWのディーゼル車の排ガスからも欧州基準を大きく上回る規制物質が検出されたと報じられました。

これに対し、BMWは「排ガス試験をごまかすことはない。試験と道路走行で排ガス処理に違いが出ることはない」と否定。

世界規模の経済的影響も考えられる

今回の報道を受け、欧州株式市場でBMW株は一時、前日終値より10%近く下落しました。

フォルクスワーゲンによるディーセルエンジン車の意図的な排ガス規制逃れが、米国だけではなく欧州にも広がり、ほかの大手メーカーを疑う声も上がり始め、自動車業界全体を巻き込んだ騒動になりつつある。

すでにドイツ以外でも、フランスやイタリアなどがVW車などを調査する方針を示しており、欧州委員会からの調査申請を受け、ほかの欧州各国も調査に乗り出すとみられています。

さらに、VWのマルティン・ウィンターコルン最高経営責任者は23日、不正への関与を否定しつつも辞任の意向を表明。

このように、今回の不正で様々なところに影響が出ており、株式市場にも及んでいます。欧米市場ではVWを中心に自動車関連株が売られ、24日の東京株式市場でも傾向は続いた。「販売減の懸念もあり、VWに部品を輸出する企業の株も売られた」(大手証券)とのこと。

関連記事

コメントは利用できません。