17型コラーゲン入りの食品では薄毛対策できない【年齢とともに薄毛に仕組み 解明】

17型コラーゲン入りの食品では薄毛対策できない【年齢とともに薄毛に仕組み 解明】

17型コラーゲン入りの食品では薄毛対策できない【年齢とともに薄毛に仕組み 解明】
男性なら多くの人が悩む薄毛ですが、今回東京医科歯科大学などの研究グループ年齢とともに薄毛に仕組みを解明しました。

研究ではコラーゲンを生成する幹細胞に着目して研究を行い「年齢とともに髪の毛が薄くなるのは、頭皮にあるコラーゲンの一種が減り、髪の毛を作り出す細胞が死んでしまうため」ということを発見しました。
17型コラーゲンが減ると毛包(毛を生やす器官)が小さくなり、やがて毛が生えてこなくなるそうです。
人の頭皮でも50~70代の毛包は20~30代より小さく、17型コラーゲンの量も減っていたとのこと。

マウスを使った実験でもコラーゲンを増やすと加齢によって体の毛が減るのを抑えられたということで、薄毛を防ぐ薬の開発につながると期待されているそうです。

「マウスの実験って人間でも意味あるの?」と疑問に思われるかもしれませんが、ヒトの髪の毛でも同じ仕組みがあることは確認済みで、研究チームは「5年~10年で治療薬の完成を目指す」といったコメントを残しています。
数年以内に動物実験を行ったうえでヒトでの臨床試験が行われる予定だそうです。

17型コラーゲン入りの食品では薄毛対策できない

17型コラーゲン入りの食品は

  • 鶏肉
  • 鶏皮
  • 軟骨

が有名ですが、これらの食品を食べても17型コラーゲンの生成を促すことができないそうです。

東京医科歯科大学の西村栄美教授らは、毛根にある「17型コラーゲン」というたんぱく質が不足すると、白髪や脱毛の原因になることをマウスを使った研究で突き止めた。コラーゲンを多く含む食品を食べても白髪や脱毛は防げるわけではないが、17型の生成を促す物質を治療薬などに使える可能性がある。米科学誌セル・ステム・セルに掲載された。

引用元:日本経済新聞

17型コラーゲンを含むサプリメントもあるそうですが、今のところ購入はしない方がよさそうですね。